スペシャルオリンピックス用語集

ア行

アスリート
スペシャルオリンピックスのスポーツ活動に参加する知的発達障がいのある人を、「アスリート」と呼んでいます。知的発達障がいのある6歳以上の人ならば、誰にでもアスリートとして参加する資格があります。

カ行

コーチ
スペシャルオリンピックスの活動においてコーチは欠かせない役割のひとつです。アスリートと一緒に汗を流し、スポーツマンに必要なスポーツの技能と競う精神を伝えるのがコーチの大切な役割です。

サ行

スペシャルオリンピックス
知的発達障がいのある人達に、日常的なスポーツプログラムと、その成果の発表の場である競技会を、年間を通じて提供し、社会参加を応援する国際的なスポーツ組織です。

ナ行

ナショナルゲーム
全国各地で日常のスポーツプログラムに参加するアスリートが、日頃のトレーニングの成果を発揮する全国大会。

ハ行

ファミリー
自分の体験を通してスペシャルオリンピックスの使命やアスリートの成長を直接多くの関係者に語りかけるオピニオンリーダーの役割を担う人たちです。両親だけでなく、兄弟や親戚の方もファミリーメッセンジャーになることができます。
[新規ウィンドウ]  もっと知りたい方は:スペシャルオリンピックス日本